2015年3月30日月曜日

matsumoto ken-ichi live information

matsumoto ken-ichi live information:

Apr, 2015

4月です。新年度よろしくです。

---
4月1日(水)
ソボブキ
 出演
ソボブキ
西尾賢(pianoなど)   
藤ノ木みか(vo/perc)   
伊藤啓太(contrabass)
松本健一(sax)
8:00pm~ カンパ+オーダー
会場:池袋 バレルハウス http://www.barrel-house.net/エイプリルフールにつき
プチ龜樂捏造展も1日のみ開催!
名物「玉子巾着」や
新名物「多摩尾鶏」もあるのか!?


…。
だ、そうです!



4月6日(月)
松研・デュオシリーズ(3)
ホスト:松本健一 sax
ゲスト:七感弥広彰 dance
会場:神保町試聴室 千代田区西神田3-8-5 ビル西神田1階
開場:19:30 / 開演:20:00
料金:予約 2,500円 (1ドリンク, スナック込)

 七感弥広彰 NANAMI Kohshou
dancer.Coreograper
カンパニーDanse Sauvage 主宰 フランス在住 1982年から,音楽と演劇に携わる。その後身体への関心の移行により踊り手に転向。
工藤丈輝のワークショップ参加を機に 4年間土方巽メソッドを研究。身体に潜在する、本能とも言うべき動きのポテンシャルを増幅して,表層はさり気なく深部に於いて過激な踊りを展開している。空間へのよどみの無い対峙と,動きの密度を瞬時に操るその能力は評価が高い。



 4月11日(土)「漂流(さすらい)duoライブ」
 出演:
松本健一sax
福島久雄guitar
会場:リベルテ 横浜市神奈川区泉町14-6 TEL 045-321-3463
http://www.liberte.co.jp/ 
開演:19:30  投げ銭 オーダー


4月15日(水)
庄田次郎
(4/11~4/17 庄田次郎BitchesBrew7days)
 出演:
庄田次郎 trumpet
のなか悟空 drums
福島久雄 guitar
松本健一 sax

会場:白楽BitchesBrew 横浜市神奈川区西神奈川3-152-1 プリーメニシャン・オータ101
OPEN 19:00-  SHOW 20:00-
3500円(2drinkつき)
PHONE 090-8343-5621 (杉田直通)


4月16日(木) SXQ saxquartet LIVE at cafe FLYING TEAPOT
SXQ sax quintet:
松本健一ss&ts
立花秀輝as
藤原大輔ts
吉田隆一bs
木村昌哉ss
会場:江古田フライングティーポット 練馬区栄町27-7-B1 03-5999-7971
http://blog.livedoor.jp/flyingteapot/
開場/開演:7時半/8時 料金:2000円 order

2015年3月25日水曜日

matsumoto ken-ichi live information

matsumoto ken-ichi live information 

明日です!!!!

3月26日(木)「漂流(さすらい)duoライブ」
出演 
松本健一sax
福島久雄guitar
会場:川崎 ダイニングパブ珠
…泡盛古酒のカメ貯が飲めます。タコライス、葱焼きうどん、豆腐ようが人気(続きを読む
川崎市川崎区駅前本町10-2 044-222-7039
20:30スタート 投げ銭+order



3月28日(土)ソボブキ
出演
西尾賢(pianoなど)
藤ノ木みか(vo/perc)
伊藤啓太(contrabass)
松本健一(sax)

9:00pm~
会場:江古田倶楽部 練馬区栄町4-8 福一ビル2F
Tel. 03-3994-2005
西武池袋線江古田駅南口から徒歩約1分
投げ銭+オーダー

4月1日(水)
ソボブキ
出演
ソボブキ
西尾賢(pianoなど)   
藤ノ木みか(vo/perc)   
伊藤啓太(contrabass)
松本健一(sax)
8:00pm~
会場:池袋 バレルハウス


4月6日(月)松研・デュオシリーズ(3)2月からスタートしたマンスリー企画。
ホスト:松本健一 sax
ゲスト:七感弥広彰 dance
会場:神保町試聴室 千代田区西神田3-8-5 ビル西神田1階
開場:19:30 / 開演:20:00
料金:予約 2,500円 (1ドリンク, スナック込)


七感弥広彰 NANAMI Kohshou
dancer.Coreograper
カンパニーDanse Sauvage 主宰 フランス在住 1982年から,音楽と演劇に携わる。その後身体への関心の移行により踊り手に転向。
工藤丈輝のワークショップ参加を機に 4年間土方巽メソッドを研究。身体に潜在する、本能とも言うべき動きのポテンシャルを増幅して,表層はさり気なく深部に於いて過激な踊りを展開している。空間へのよどみの無い対峙と,動きの密度を瞬時に操るその能力は評価が高い。

2014年の主な公演:
カンパニーdansesauvage公演「PeysageLunire」 (モナコオペラ座)
一般市民を含んだワークショップ生徒に振付けた作品「SARAMANDER」Text/井伏鱒二 (パリ市)
鈴木ユキオとの共同振付作品「N/S」(Gare au theatre ヴィトゥリー市)
Oniric performance in Tokyoに出演(主催:DDA SuperDeluxe 東京)
CDA主催のバレエ公演Can't dance aloneに客演「Jupiter」(沖縄市民小劇場あしびなー)


4月11日(土)「漂流(さすらい)duoライブ」出演:
松本健一sax
福島久雄guitar
会場:ピザ・リベルテ 横浜市神奈川区泉町14-6 TEL 045-321-3463
http://www.liberte.co.jp/ 
開演:19:30  投げ銭+オーダー

2015年3月20日金曜日

漂流@綱島終了。次回は6/18(木)です。

カメラ持ってたんだけど、演奏に忙しく、なんも撮ってません。
なので、またこれ



昨年11月。ゲスト立岩さん。
昨日は、立岩さんは不在、私はソプラノも吹きました。ということで、脳内で合成して下さい…。
演奏の方は、曲のほうも中盤以降はなかなか好調でしたが、即興の方で新たな境地を垣間みた、という。私だけかもしれませんが…。

で、次回の綱島NamakCafeでの投げ銭ライブですが、6/18(木)となっております。近在の、神奈川県内東急東横線ならびにみなとみらい線沿線の諸君、近在ではないお方も、ずずいずいとお気軽にお越し下さい。

2015年3月19日木曜日

matsumoto ken-ichi live information

matsumoto ken-ichi live information:



…というわけで本日、綱島。duoです。
昨日のピットイン昼の部での演奏は、ものすごく自由で、というか、自由ということもあまり意識しないでひたすら流れていく、流されていく感じで、理想郷にほんの少し近づいたかな〜。なんか、部屋全体が有機的結びつきを持った一つの生命体のように感じられ、自力で何かしようという思いがどんどん透明になってモノとモノ、人と楽器、人と人、などの空間に満たされていくという、ほとんど幻覚に近い状態。それも、必ずしもそれが即興演奏をしている時に訪れたということでもなく、ビートのある場面や、まったくアドリブ部分が無いタンゴの古曲、みさかいなしに訪れました。ピットインの場のなせる技なのか…?それともとうとう俺オカシくなったのか???いずれにしても、客席は惜しくも空間だらけでしたが…。

本日も味のある場所でのライブ。楽しみだな〜。いや、あまり期待がふくらむと幻滅が待っているので、せいぜい準備を慎重に。


3月19日(木)「漂流(さすらい)duoライブ」

出演 
松本健一sax
福島久雄guitar
会場: 綱島ナマックカフェ http://home.f05.itscom.net/namak/ 横浜市港北区綱島西 2-10-16 1F
Tel & Fax 045-542-3330
20:00スタート 投げ銭+order





3月26日(木)「漂流(さすらい)duoライブ」
出演 
松本健一sax
福島久雄guitar
会場:川崎 ダイニングパブ珠
…泡盛古酒のカメ貯が飲めます。タコライス、葱焼きうどん、豆腐ようが人気(続きを読む
川崎市川崎区駅前本町10-2 044-222-7039
20:30スタート 投げ銭+order



3月28日(土)ソボブキ
出演
西尾賢(pianoなど)
藤ノ木みか(vo/perc)
伊藤啓太(contrabass)
松本健一(sax)

9:00pm~
会場:江古田倶楽部 練馬区栄町4-8 福一ビル2F
Tel. 03-3994-2005
西武池袋線江古田駅南口から徒歩約1分
投げ銭+オーダー






2015年3月17日火曜日

祝・庄田次郎さん 生誕66周年 関係


縁あってお誘い頂き、4/15に共演します。お祝いします。

漂流(さすらい)duoライブ 最新チラシ


matsumoto ken-ichi live information

matsumoto ken-ichi live information



さすらい、明日から2連荘。

 

3月18日(水)「漂流(さすらい)duoライブ」w/立岩潤三 

出演:

漂流(さすらい)duoライブ

松本健一sax

福島久雄guitar

ゲスト:

立岩潤三percussion

新宿ピットイン昼の部 03-3354-2024

開演14:30 1300円







3月19日(木)「漂流(さすらい)duoライブ」

出演 

松本健一sax

福島久雄guitar

会場: 綱島ナマックカフェ http://home.f05.itscom.net/namak/ 横浜市港北区綱島西 2-10-16 1F

Tel & Fax 045-542-3330

20:00スタート 投げ銭+order







3月26日(木)「漂流(さすらい)duoライブ」

出演 

松本健一sax

福島久雄guitar

会場:川崎 ダイニングパブ珠



…泡盛古酒のカメ貯が飲めます。タコライス、葱焼きうどん、豆腐ようが人気(続きを読む



川崎市川崎区駅前本町10-2 044-222-7039


20:30スタート 投げ銭+order

2015年3月14日土曜日

matsumoto ken-ichi live information 本日午後、ワークショップ開催

matsumoto ken-ichi live information

今日です。お気軽にのぞきにきてね

3月14日(土)即興演奏ワークショップ「新・即興の日」
あれこれ思い悩む前にまず集まって実際に音を出してみる、という会。経験不問。見るだけもOK.

参加料1000円+オーダー
START14:00
ホスト:松本健一・林隆史
会場:入谷 なってるハウス



3月18日(水)「漂流(さすらい)duoライブ」w/立岩潤三 
出演:
漂流(さすらい)duoライブ
松本健一sax
福島久雄guitar
ゲスト:
立岩潤三percussion
新宿ピットイン昼の部 03-3354-2024
開演14:30 1300円


3月19日(木)「漂流(さすらい)duoライブ」
出演 
松本健一sax
福島久雄guitar
会場: 綱島ナマックカフェ http://home.f05.itscom.net/namak/ 横浜市港北区綱島西 2-10-16 1F
Tel & Fax 045-542-3330
20:00スタート 投げ銭+order



3月26日(木)「漂流(さすらい)duoライブ」
出演 
松本健一sax
福島久雄guitar
会場:川崎 ダイニングパブ珠
…泡盛古酒のカメ貯が飲めます。タコライス、葱焼きうどん、豆腐ようが人気(続きを読む
川崎市川崎区駅前本町10-2 044-222-7039
20:30スタート 投げ銭+order

2015年3月12日木曜日

今週末に向けて

今週末は、月例行事化している、「新・即興の日」。月例行事化することの良さは、ちょっとした変化が楽しめることですね。年一回とかだとなにがなんだか分からない。やった、はいそれだけ、となり、どんどん弱体化する…という轍を踏まないためにも、こつこつやっていくのは大事だと思います。はい。来てくれる人がいないと続けようも無いんだけどね。でも、なんとか、毎回足を運んでくれる人も時々足を運んでくれる人もいまして、ホント感謝です。
今週末にむけて考えていることですが、まずは、熱帯雨林の音場を聴いて頂く、かも。それと、その貧しい電気的模倣作(といってはあんまりですか)D・チュードアの「Rainforest」も参考に聴いて頂くかもですが、それらは聴いてもらうだけ。
ほかは、かなりニューエイジ的、とも受け取られかねませんが、体験的にはそうなんだろうなあとしか思えない、音楽に作用する要素の数々に関して、そっちの方からアプローチする方法はなにか無いものかな、とも。まあ、いくらなんでも水晶玉とかツボの類いは出てこないと思いますが、でも、そういうものもきっと関係はあるのだ、という確信が芽生えつつあることも事実で、でもそれはたぶん他人に無理強いする筋のものではなくて。
その種の事柄を考えるとやはり物体より生身の人間の方がはるかに、いるだけで、影響あるのです。ものにしても人間にしても測定のしようがないのね。そういう事柄を扱うのは科学というのはとても苦手だろうと思う。勝負事のような一発ものになると突然非科学的な有象無象が湧いて出るのと同じで、グレゴリーベイトソンによれば、科学は次に起こることを予想できない、ということなので。
とはいえ、物理的にどうやって音が変わるのか、考えたとき、音というのは物理レベルで言えば波動です。空気が振動しているだけ。可聴域で振動している時、ある一定の振動であればピッチが聞こえ、ランダムであればホワイトノイズが聞こえるのは、これは脳が再構築しているのである。やはり脳が再構築しているのであるから、かなり精神的なバイアスがかかりやすい。音は物理現象ではない。
さびしい人間なのだろうか、そのような有象無象をオカルトとして排除してきたのですが、ここへきてどうしても無視できなくなってきたという次第です。(つづく)

3/10神保町試聴室、松研duoシリーズ(2)の覚書き

昨日の記憶も新しいうちに一通り録音を聴く。
最初の方は両者探り合い、饒舌であったり、急に無口になったり、なかなか攻めあぐねたのもつかの間、なにかの拍子で空気が変わる。なんなんだろう?こういうのがほとんどの場合、あるのです。多分、自分に呪いがかかるというか、そっちの世界のコトバが分かるようになるのにちょっとタイムラグがあるのだ。要は準備不足なんだろうか。即興演奏の準備の仕方。これは人それぞれではあるが、当然、まったく準備要らない、と豪語するムキもあろう。今自分はちょっと微妙な位置にある。

思う所あり、前回やその前のソロのときのように、マイクを何本も立ててマルチで録ったり、ということはせず、ZOOMのH1というハンディ・レコーダーをポンと置いて録る。とにかく、気合い入れて録音する時に限って、悪くはないんだけど、どうだったのかな、録音聴いてみよう…という感じになりがちで、録ってない時に限って、いえーい、となる確率が高い気がするんだけど、これは実は気のせいではなくて、本当にそうなのかもしれない。会場、お客、その辺においてあるもの(「針一本」でさえ!)、温度湿度、気圧…、すべてが演奏に影響してくるのだから、録音も当然影響大きいはず。ということを前日の寝しなにふっと考えて、録音ヤーメタ、となった次第。でも、ちょっと聞きたいので、中をとってラクに録音してみようと。

で、やはり後半、さがさんがノーエフェクトで朗々と歌い、俺は尺八を、浪々?というか、とにかく2つのラインが近づいたり遠ざかったり、とてもシンプルで、飽きない。最後のサックスに持ち替えて開き直って2人で大暴れしているのも面白い。前半も、アイディアとしては面白い個所が多いのですが、「ニオイ」が薄かったな。特に俺ですけど。

寝しなにもうひとつ思ったのは、よく最近見かける絵の名人ね。YouTubeなどで、ボールペン一本とかで下絵なしでどんどん描いちゃう人。ちょっとした点とかハネとかがいつの間にか空気感をまとった立派な「絵」の一部になっている。まあ即興で描いてるわけでもないのかもしれないのだが、牽強付会して、そのような細密画を即興で下絵なしで描く人がいたとして、1ストローク1ストロークが、取り消すことができないが、瞬時にそのストロークを含んだ大きな見取り図が再構築されていく、というようなプロセスを想像したり、あるいはそれに対して、かの、かの、誰だっけ?彫刻家で、材料の中に作品はすでにあり、彫刻家はそれを取り出すだけだ、と豪語した、かの?彫刻家は誰だったか。 まわりくどくなったが、随時更新vs一気呵成、一見対立するような概念だが、実はこれ一つの創造過程の両面なんではないのかな。って気もする。演奏者の顔ぶれを見て、せーので音出してみて、予想通りの音が出ると、もうなんだかやる気が出ない。でも、どこかで意外な展開を見せてくれたり、やってみるとなにか起こるもんです。そういうズレが無いとなかなか面白くない。…だよね?自分でもちょっと新鮮な着想だ。ま、とにかく、そのズレをめがけてそこにまとわりつく。聴いてる人の予想はまた別だろうから、何でこの人ここでまとわりついてんの?と思われてるかもしれない。

ニオイとか空気感というのは通常、音の単体でそういう空気を漂わしてる、と想像しがちだけど、そうでもなくて、他の音との位置関係とか対比でそれが出てくる。んじゃないか、という気がしている。カセットで聴こうがハイレゾで聴こうが、演奏者のキャラクターは全面に出てくる。その人の神経の筋道みたいなものがかなりそれを決定していて、自分の音を変えるというのは容易ではない。でも、長く違う環境にいたりすると、音も変わってくる(に違いない)



 

2015年3月11日水曜日

matsumoto ken-ichi live information

matsumoto ken-ichi live information


3月14日(土)即興演奏ワークショップ「新・即興の日」
あれこれ思い悩む前にまず集まって実際に音を出してみる、という会。経験不問。見るだけもOK.

参加料1000円+オーダー
START14:00
ホスト:松本健一・林隆史
会場:入谷 なってるハウス


3月18日(水)「漂流(さすらい)duoライブ」w/立岩潤三 
出演:
漂流(さすらい)duoライブ
松本健一sax
福島久雄guitar

ゲスト:
立岩潤三percussion

新宿ピットイン昼の部 03-3354-2024
開演14:30 1300円


3月19日(木)「漂流(さすらい)duoライブ」
出演 
松本健一sax
福島久雄guitar

会場: 綱島ナマックカフェ http://home.f05.itscom.net/namak/ 横浜市港北区綱島西 2-10-16 1F

Tel & Fax 045-542-3330
20:00スタート 投げ銭+order



月例duo即興@神保町試聴室、3月分終了〜


さがゆき先輩とduoでした。
ホント、楽っていうか…。もうなんにも言うことないです。感じるままに好きにやらせていただきました。
写真提供は貴子さんですが、私のこのポーズの画像、多いですね。でも、ずーっとこうしてるわけではありませんので、念のため。ま、でも楽器の音域を下に半音ひろげる、わりと普通のテクニックになっております。体調が良くないとよろめいてしまうので、前日深酒しない、とか、しっかり睡眠を取る、などの注意が必要なテクニックです。全人的です!


次回は

4月6日(月)松研・デュオシリーズ(3)

ホスト:松本健一 sax
ゲスト:七感弥広彰 dance

会場:神保町試聴室 千代田区西神田3-8-5 ビル西神田1階
開場:19:30 / 開演:20:00
料金:予約 2,500円 (1ドリンク, スナック込)

七感弥広彰 NANAMI Kohshou
dancer.Coreograper
カンパニーDanse Sauvage 主宰 フランス在住 1982年から,音楽と演劇に携わる。その後身体への関心の移行により踊り手に転向。
工藤丈輝のワークショップ参加を機に 4年間土方巽メソッドを研究。身体に潜在する、本能とも言うべき動きのポテンシャルを増幅して,表層はさり気なく深部に於いて過激な踊りを展開している。空間へのよどみの無い対峙と,動きの密度を瞬時に操るその能力は評価が高い。

2014年の主な公演:
カンパニーdansesauvage公演「PeysageLunire」 (モナコオペラ座)
一般市民を含んだワークショップ生徒に振付けた作品「SARAMANDER」Text/井伏鱒二 (パリ市)
鈴木ユキオとの共同振付作品「N/S」(Gare au theatre ヴィトゥリー市)
Oniric performance in Tokyoに出演(主催:DDA SuperDeluxe 東京)
CDA主催のバレエ公演Can't dance aloneに客演「Jupiter」(沖縄市民小劇場あしびなー)

いままで、ダンスなど身体表現とのコラボレーションの機会はけっこうありましたが、納得できたことがなくて(ま、演奏だけの場合でも本当に納得できたことはほとんどないけど)今回すごくシンプルな組み合わせで、原点回帰を目指してます。多分、演奏と身体表現が拮抗して並立している、ということにこだわると足をすくわれるのではないかと思います(足をすくわれ続けている)。無音のなかのダンスは、私にとって異様でおそろしいものに感じられることがある。おそろしいとは言わなくても、なんだか不自然な気がする。しかし、なんでも音を「つけ」れば良いかと言うと、それは気休めみたいなもので、気休めでは消化不良を起こす。その辺の自分の中の意識の動き、意識下に流れるもの、みたいなところを即興で掬い上げられたらいいかもしれない〜、見てる人にはほとんど意味不明になるか…?どうか??(つづく)

2015年3月3日火曜日

matsumoto ken-ichi live information

matsumoto ken-ichi live information:

3月10日(火)松研・デュオシリーズ(2)
ホスト:松本健一 sax
ゲスト:さがゆき voice

会場:神保町試聴室 千代田区西神田3-8-5 ビル西神田1階
開場:19:30 / 開演:20:00
料金:予約 2,500円 (1ドリンク, スナック込)

さがゆき  
5才にして歌手になることを決意。言葉を伴う「うた」を歌う歌手であると同時に、言葉の伴わない「声」を楽器としたフリーキーで幻想的な「完全即興」を歌う稀有な存在でもある。
フランス「Jazz in JapanⅥ」、アムステルダム「メシアン記念音楽祭」等海外での活動も多い。'09年、高橋悠治作曲「眼の夢」の初演を行う等、様々な現代のアートにも自在に出入りし、その鋭い触角で自己の能力を増幅しつづけている。




3月14日(土)即興演奏ワークショップ「新・即興の日」
あれこれ思い悩む前にまず集まって実際に音を出してみる、という会。経験不問。見るだけもOK.

参加料1000円+オーダー
START14:00
ホスト:松本健一・林隆史
会場:入谷 なってるハウス


3月18日(水)「漂流(さすらい)duoライブ」w/立岩潤三 
出演:
漂流(さすらい)duoライブ
松本健一sax
福島久雄guitar
ゲスト:
立岩潤三percussion
新宿ピットイン昼の部 03-3354-2024
開演14:30 1300円



3月19日(木)「漂流(さすらい)duoライブ」
出演 
松本健一sax
福島久雄guitar
会場: 綱島ナマックカフェ http://home.f05.itscom.net/namak/ 横浜市港北区綱島西 2-10-16 1F
Tel & Fax 045-542-3330
20:00スタート
投げ銭+order