2018年4月17日火曜日

松本健一 ライブ情報 [matsumoto kenichi live information]

松本健一 ライブ情報 [matsumoto kenichi live information]



ホームページ復活して、更新作業やっております。

今月は後こんな感じです。

よろしくお願いいたします。










4月24日(火)


漂流(さすらい)duoライブ@ 落合三世代交流サロン

出演:


漂流(さすらい)duoライブ


松本健一sax
福島久雄guitar

会場:落合三世代交流サロン 新宿区西落合1-31-24
西落合児童館2階
時間 
13:00~13:30(予定)

入場無料




「東京湾ホエールズ」

「東京湾ホエールズ」

プロデューサー玉井夕海


ブッキング不破大輔





出演

山口コーイチ piano つのだ健 drums 松本健一sax





時間:
19:00 - 23:00



料金:
1000/1D


会場:
HOWL 中央区八丁堀3丁目22-9 WISE OWL HOSTELS TOKYO B1F

(東京メトロ日比谷線・JR京葉線「八丁堀駅」B1またはA1出口徒歩30秒)








4月25日(水)

漂流(さすらい)duoライブ@綱島 Namak Cafe

出演:

漂流(さすらい)duoライブ


松本健一sax 福島久雄guitar


会場: 綱島ナマックカフェ http://home.f05.itscom.net/namak/ 横浜市港北区綱島西 2-10-16 1F
Tel & Fax 045-542-3330

20:00スタート

投げ銭+order









2018年4月4日水曜日

松本健一 ライブ情報 [matsumoto kenichi live information]

5月に酒田ラッシュライフでゲスト参加する後藤君のカルテットのツアーフライヤーが出来たとのこと。


楽しみなメンバーです。これが5月19日。

他はすでにお知らせしている通りです。
4月14日(土)
BAR ChiC Jam Session Vo.4
ジャズスタンダード中心の、参加自由のジャムセッションです。
始めたばかりの方からこの道ン十年の方までお気軽に参加下さい。聴くだけの方も歓迎。
member
セッションリーダー: 松本健一 tenor sax
ハウスバンド:有地裕之 piano 山田修 bass 奥泉和也 bass 長谷川順一 drums 
時間:19:00 開場 / 20:00 開始
料金:500円+オーダー
会場: 鶴岡 BAR ChiC (バー シック)


4月24日(火) 
 
漂流(さすらい)duoライブ@ 落合三世代交流サロン

出演:
漂流(さすらい)duoライブ
松本健一sax 福島久雄guitar
会場:落合三世代交流サロン 新宿区西落合1-31-24 西落合児童館2階 時間 
13:00~13:30 入場無料



ピアニスト山口コーイチ君に誘われて
SOUND & BAR HOWL
で演奏します。つのだ健と3人でやります。
https://soundbarhowl.com/event/tokyoonewhales



4月25日(水)
綱島ナマックカフェで 「漂流(さすらい)デュオライブ」やります。ギターの福島久雄とのデュオユニットでジャズ、即興演奏、タンゴ、福島久雄の曲、などなど。20:00より。投げ銭。



















冒頭に書きましたが、5月19日(土)酒田ラッシュライフにて、後藤篤カルテットにゲスト参加します。
http://www.bloc.jp/goto510/ 


6月9日、「新・即興の日」@入谷なってるハウス 久しぶりにホスト役として参加します。14:00スタート、参加料1000円+オーダーです。ホスト 松本健一、林隆史。

この日の夜、同じくなってるでスペシャルなセッションを計画しました。
メンバーは、
松本健一sax
田井中圭guitar
落合康介bass
林ライガdrums

20:00より。


翌6月10日は毎年恒例の長谷川淨潤pianoバースデイライブに参加します。会場 横浜ドルフィー http://www.dolphy-jazzspot.com/
 

そして、6月30日は鶴岡・大鳥音楽祭に出演します。廃校になった旧・大鳥小学校、現在の大鳥自然の家で行われるのですが、地元の山菜などの料理などを食べながら大自然の中で音楽ざんまい、終演後は皆でキャンプファイヤーをかこむ、など、たいへんユニークな音楽祭です。私のセッションの出演者は
松本健一sax
福島久雄guitar 
若林美佐bass
礒見博drums
です。

https://www.facebook.com/ootori.musicfestival/


7月9日(月)入谷なってるハウスで藤井郷子オーケストラ。 
http://www.geocities.jp/knuttelhousekappabashi/

よろしくお願いします!

2018年4月2日月曜日

松本健一 ライブ情報 [matsumoto kenichi live information]

いよいよ春ということで、いろいろなことが動き始めています。よろしくお願いします〜!

4月14日(土)
BAR ChiC Jam Session Vo.4
ジャズスタンダード中心の、参加自由のジャムセッションです。
始めたばかりの方からこの道ン十年の方までお気軽に参加下さい。聴くだけの方も歓迎。
member
セッションリーダー: 松本健一 tenor sax
ハウスバンド:有地裕之 piano 山田修 bass 奥泉一也 bass 長谷川順一 drums 
時間:19:00 開場 / 20:00 開始
料金:500円+オーダー
会場: 鶴岡 BAR ChiC (バー シック)


4月24日(火) 
 
漂流(さすらい)duoライブ@ 落合三世代交流サロン

出演:
漂流(さすらい)duoライブ
松本健一sax 福島久雄guitar
会場:落合三世代交流サロン 新宿区西落合1-31-24 西落合児童館2階 時間 
13:00~13:30 入場無料



ピアニスト山口コーイチ君に誘われて
SOUND & BAR HOWL
で演奏します。つのだ健と3人でやります。
https://soundbarhowl.com/event/tokyoonewhales



4月25日(水)
綱島ナマックカフェで 「漂流(さすらい)デュオライブ」やります。ギターの福島久雄とのデュオユニットでジャズ、即興演奏、タンゴ、福島久雄の曲、などなど。20:00より。投げ銭。


















5月には、トロンボーン奏者後藤篤が自分のバンドで天童、酒田、などツアーでまわってきます。非常に楽しみなメンバーです。酒田ではゲスト参加させてもらいます。詳しくは後日。
http://www.bloc.jp/goto510/ 

6月9日、「新・即興の日」@入谷なってるハウス 久しぶりにホスト役として参加します。2時スタート、参加料1000円+オーダーです。
http://matsumotokenichi.blogspot.jp/2018/04/blog-post.html
に少し、思うところを書きなぐってます。当日までにはまたまた気が変わるかも知れませんが。いろいろとクヨクヨ考えてみることにします。 

この日の夜、同じくなってるでスペシャルなセッションを計画しました。メンバーは、ライガ、落合、田井中、で、私です。これは良いに決まってる。


翌6月10日は毎年恒例の長谷川淨潤バースデイライブに参加します。ベースの旧友、中村大も参加するとのこと。嬉しいなあ!他、雅楽の中村香奈子さんも初共演です。http://www.nakamurakanako.jp/
 

そして、6月30日は鶴岡・大鳥音楽祭に出演します。廃校になった旧・大鳥小学校、現在の大鳥自然の家で行われるのですが、地元の山菜などの料理などを食べながら大自然の中で音楽ざんまい、終演後は皆でキャンプファイヤーをかこむ、など、たいへんユニークな音楽祭です。詳しくは後日。
https://www.facebook.com/ootori.musicfestival/


7月9日(月)入谷なってるハウスで藤井郷子オーケストラ。 
http://www.geocities.jp/knuttelhousekappabashi/


あと7月は、コントラバスの若林美佐とデュオでの演奏が予定されています。会場は鶴岡市の名所「クラゲドリーム館」。加茂水族館です。詳しくは後日。
https://kamo-kurage.jp/

近況

「ローカリズム宣言」
…!
こんな本が出てたのか。知らなかったのか、または、俺には関係ない、と無意識的にスルーしていたのか。

きっとこの本は読まないといけないんだろうな…。

というわけで、雪解けとともに櫛引で暮らす我が身の回りで様々な変化が起きています。

まあ、毎日遊んで暮らしてるのですが。いや、雑事に追いまくられているのだが、それぞれ、楽しさもあり、こんなに遊んでて、俺、いいのか??と。本当に楽しい。

思い起こせば、いろいろバイトとかしたけど、だいたい遊びみたいな感じだった。軽トラでなにか配達するだけでお金もらえる、なんて、すごい。とか。なにか感覚が倒錯しているのかもしれませんが。

それに反して、音楽は、キビシい!!

厳しいなりに、得るものも半端ない(今風)

厳しさとは、営業的な意味においても厳しいですが、芸の道をどこまで極められるのか、というところも、上には上、奥には奥、ありまして、昨日の自分は今日の恥辱、身の置き所もないありさまです。

それだけに、自由即興とか、作曲された音楽を演奏する場合でも表現の動機の根源に迫るような演奏ができたとき、いくらでも饒舌に語り、あるいは書き記したり、できそうな気がする。まあ〜、百万の語を尽くしても、私は語彙はそんなに多くないので数千の語を使っても、結局は何も語り伝えることは出来ないのかも知れませんが。

まあ、そこで思い出したというか、思いついた、即興ワークショップの課題。私と誰かとデュオあるいはトリオぐらいで演奏する。それを分離は不完全になると思うけど、マルチで録音して、演奏終了後すぐに聞いて、聞きながら感じたことをすぐ話し合う。演奏時間は長くて5分ぐらい。それを演奏者を交代しながら何セットも続ける。

思い出した、というのは、十数年前にトライした「ホラ即興」のこと。ホラ話を吹いてからおもむろに即興演奏をする、というもの。これはすごく面白かったけど、今、私は出来ない気がする。そこまでのエネルギーをもう持っていない。あの時の勢いだけで出来たのだ。しかし、よく考えると、順番を逆にした方がよかったかも。先に即興演奏して活性化した脳から訳の分からないホラ話が生成される、という。どう考えてもこの方がいいなあ。なんであのときそう思わなかったんだろう。その時は多分勢いがあったのでそんなことは思いもかけなかったに違いない。若さ万歳。


2018年3月10日土曜日

だいぶ酔って書いているので首尾一貫していません

左から2冊、ずっと気になっていたものの身辺あわただしく時が過ぎてしまいましたが、ようやく入手しました。じっくり読めそうです。一番右のはたまたま入手した生涯学習講座の記録本です。
 というわけで、ざっと読んだところ、私が影響を受けて即興演奏ワークショップ(のちの「新・即興の日」)を催すことになった、同じ著者による「奏でることの力」(初版は2000年…ということを検索して確認していたら大谷君がレビューしていたのを発見)に比べると、著者の頑固オヤジ化がすすんだ、というか、大勢としてまったく変わらない現実に苛立っているのかなあ、という印象を受ける、舌鋒するどくキレのよい記述。これは一種分かりやすいかも…。けれども、現実は全く変わってないように見える。先日話題になった銀座線の車内にBGMを導入する話とかね。

しかし、その私が始めたワークショップにおいては、現実にすごく幅広いいろいろな人が参加してくれて教えられたことも少なくはなく、その後もさまざまな形で付き合いが続いている人も多い。まあ、自ら動いて自分にレッスンした、というか??ちょっと他の手段では手に入らない宝がもらえたような。大変は大変だったけど。いや、だった…という過去完了ではなくて、まだまだやりたいと思ってます。

そういう活動を、自分の近くでやる。というのがそもそもの方針ではあった。なので、最初は自分が住む町の市民館でスタートしたわけですが、近所の人はほとんど来てくれず、ずいぶん遠くから来てくれた人もいたし、そのあたりはライブなんかもそうですね。近所の人は来てくれない。なので、漂流duoでは、近所の人に聞かせるというのが隠れたテーマではあったのです。川崎でも高津でも落合でも、近所の人が大勢(小勢か)来てくれた。都内ジャズクラブ等に来れる人というのはまあ、ひとつの特権階級なのですね。自分の拙い表現力はじょじょに改善するという事で、とにかく、そんなことやって来ました。

で、今は大自然に近い櫛引に暮らしはじめて、自分の子ども時代は九州の自然の中で育ったわけですけど、やはり、自然は良い、というか、自然はコワい、というか。キビシいからこそウツクしい。人間も自然の一部だ。などなど。その中で音楽というのはどう位置するのか。自然と対峙する音楽なんて、想像上のものかもしれない。

まあこの「音楽」というコトバ自体、当然他の諸現象から切り離しているわけなんで。自然の中にいると「音楽」というのは、ほぼ、いらないわけで。 「音楽」というコトバがあらわしている無形物の領域、これは江戸時代には多分なかったと思われる。

で、冒頭に紹介しました若尾裕さんの近著「サステナブル・ミュージック」も、このタイトルからして自然と人間の関わりを関連づけてしまう。いま、冬場の暖房は薪に依存しているのですが、この薪というのも何十年もかかって薪になるわけで。燃した分は育てなきゃなんない。

自然。いや、人間も自然の一部である。人間を成り立たせているものは自然である。人間の中に自然はある。それは現れ方しだいでは神と呼ばれたり生理と呼ばれたり。で、ずばり、音楽と呼ばれたりする、ということか。という発想、これは 「サステナブル・ミュージック」のなかの一章で「ノヴァーリスの音楽的問題」という章からの連想である。この章はこの本におさめられている原稿の中でも比較的早い時期に発表された文章で、それがなぜかこの本では後ろに近いところに配置されている。ノヴァーリスの残したフラグメント、これを紹介してもらっただけでとてもありがたいのだが、この章後半における考察自体は常識を根拠にしたような、いくぶん浅い考察と思えて、肩すかしを食らったような気がしてしまう。が前半のいきなり本質を突く指摘のするどさの故なのかなあ。

ということで、遺伝子とか氣とか、なんだかんだ、人間を成り立たせている無形のエネルギーのようなもの、これはある角度で切り出すと音楽のカタチをとっており、そのため、時には何が嬉しいのか良く分からないんだけど人間は音楽をやり続けてきた。 と考えるのが順当ではないのか…。

というわけで、今後の課題としては
ところかまわず演奏する
即興演奏を身の回りで行う
一人で出かけていってその土地土地のミュージシャンと演奏する
などかなあ。

なんだこりゃ


2018年3月9日金曜日

松本健一 ライブ情報 [matsumoto kenichi live information]

追加で、落合三世代交流サロンでも久々の演奏があります。私的には4世代で暮らしてますが…。

===


久しぶりの「漂流(さすらい)デュオライブ」のパブ珠での演奏と、昼間の芝崎さんのワークショップを終え櫛引に帰ってきております。昼間の即興演奏で私の方が体調が整い、そのままサックスを横浜中華街近くでリペア(これも久しぶり。けっこうガタガタでした)し楽器も整って、用事でナマックカフェに寄りパブ珠へ、だったですが、なんと、ナマックカフェはいつのまにか最後に行ってから2年近くになっていた、らしい…?時のたつのは迅い…。去る者日々に疎しと言われますがねえ。忘れないで〜。

4月14日(土)
BAR ChiC Jam Session Vo.4
ジャズスタンダード中心の、参加自由のジャムセッションです。
始めたばかりの方からこの道ン十年の方までお気軽に参加下さい。聴くだけの方も歓迎。
member
セッションリーダー: 松本健一 tenor sax
ハウスバンド:有地裕之 piano 山田修 bass 奥泉一也 bass 長谷川順一 drums 
時間:19:00 開場 / 20:00 開始
料金:500円+オーダー
会場: 鶴岡 BAR ChiC (バー シック)


4月24日(火)

漂流(さすらい)duoライブ@ 落合三世代交流サロン

出演:
漂流(さすらい)duoライブ
松本健一sax 福島久雄guitar
会場:落合三世代交流サロン 新宿区西落合1-31-24 西落合児童館2階 時間 
13:00~13:30
入場無料

この日の夜は、山口コーイチ君に誘って頂き、24日に八丁堀のハウルというところで演奏することになっております。つのだ健と3人でやります。
https://soundbarhowl.com/event/tokyoonewhales



4月25日(水)綱島ナマックカフェで 「漂流(さすらい)デュオライブ」やります。ギターの福島久雄とのデュオユニットでジャズ、即興演奏、タンゴ、福島久雄の曲、などなど。20:00より。投げ銭。

















5月は、トロンボーン奏者後藤篤が自分のバンドで天童、酒田、などツアーでまわってきます。非常に楽しみなメンバーです。酒田ではゲスト参加させてもらいます。詳しくは後日。
http://www.bloc.jp/goto510/ 

6月9日、久々の「新・即興の日」@入谷なってるハウス!

そして、6月30日は鶴岡・大鳥音楽祭に出演します。廃校になった旧・大鳥小学校、現在の大鳥自然の家で行われるのですが、地元の山菜などの料理などを食べながら大自然の中で音楽ざんまい、終演後は皆でキャンプファイヤーをかこむ、など、たいへんユニークな音楽祭です。詳しくは後日。
facebookページ
https://www.facebook.com/ootori.musicfestival/


7月9日(月)入谷なってるハウスで藤井郷子オーケストラ。 
http://www.geocities.jp/knuttelhousekappabashi/


あと7月は、コントラバスの若林美佐とデュオでの演奏が予定されています。会場はあの「クラゲドリーム館」。鶴岡・加茂水族館です。詳しくは後日。
https://kamo-kurage.jp/
 

2018年2月21日水曜日

松本健一 ライブ情報 [matsumoto kenichi live information]

  「松本健一ホームページ」ですが、プロバイダ契約変更に伴い、浪人?中です。ウチのローカルドライブの中で。せっかくスマホ対応とかいろいろやった(けどどういう仕様にしたのかほとんど憶えていない)ので、そのうち復活させたいです。このさいドメイン取得するか??カネないからやっぱ無料のとこ??

というわけで、さしあたりライブ、セッション、ワークショップなどのお知らせはこちらのブログメインでfacebookなどにシェア、という形で行います。今のところそれで充分だけど。

というわけで、今後ともよろしくお願いします。

3月7日(水)


自動運動&舞踏体験コース


「自動運動&舞踏体験コース」
講師 芝崎三朗(舞踏) 
会場:氣道協会 横浜道場 横浜市中区伊勢佐木町5-127
時間:11:00~12:50
TEL:045-261-3300/FAX:045-261-3304


「漂流(さすらい)duoライブ」

出演:
漂流(さすらい)duoライブ 松本健一sax
福島久雄guitar

会場:川崎 ダイニングパブ珠

川崎市川崎区駅前本町10-2 044-222-7039

20:30スタート
 投げ銭+order

久々の漂流デュオ、楽しみです。お気軽にお越し下さい。


4月は、山口コーイチ君に誘って頂き、24日に八丁堀のハウルというところで演奏することになっております。つのだ健と3人でやります。
https://soundbarhowl.com/event/tokyoonewhales


5月は、後藤篤が自分のバンドで天童、酒田、などツアーでまわってきます。酒田ではゲスト参加させてもらいます。詳しくは後日。
http://www.bloc.jp/goto510/

そして、6月30日は鶴岡・大鳥音楽祭に出演します。廃校になった旧・大鳥小学校、現在の大鳥自然の家で行われるのですが、地元の山菜などの料理などを食べながら大自然の中で音楽ざんまい、終演後は皆でキャンプファイヤーをかこむ、など、たいへんユニークな音楽祭です。詳しくは後日。
http://ootori-musicfestival.strikingly.com/

若林さんとは7月にもデュオで演奏することになってます。会場はあの「クラゲドリーム館」。人気スポット鶴岡・加茂水族館です。詳しくは後日。
https://kamo-kurage.jp/